Anger of jilted mother whose partner ran off with Ukrainian refugee

‘This is how she repays me for giving her a home!’ Anger of the jilted mother whose partner ran off with the Ukrainian refugee they let live with them

  • トニー・ガーネットと彼のパートナーのローナは、5月の初めにソフィア・カルカディムを受け入れました
  • Sofiia and Tony grew close despite Lorna and Tony sharing 10-year relationship
  • Tony has since insisted that he has fallen in love with the 22-year-old from Lviv
  • Lorna says she believes Sofiia decided she wanted Tony since she arrived in UK
  • A jilted mother-of-three whose partner ran off with a Ukrainian refugee has shared her anger after she let the woman into her home.

    Lorna Garnett says she was left heartbroken after her partner of ten years decided to leave her for Sofiia Karkadym just ten days after she moved into their hours after fleeing war-torn ウクライナ.

    トニー・ガーネット, 29, 警備員, ブラッドフォードに住んでいる人, ウェストヨークシャー, said he has fallen in love with the 22-year-old and wants to spend the rest of his life with her.

    ソフィア, ウクライナ西部のリヴィウ市から逃げた人, 彼女は「空想」と言った’ トニーは彼を見て、ペアが彼ら自身の「ラブストーリー」を生きていることを知るとすぐに.

    だが, と話す Sun on Sunday, Lorna said she believes Sofiia ‘set her sights on Anthony from the start, decided she wanted him and she took him’.

    彼女は付け加えた: ‘She didn’t care about the devastation that was left behind. Everything I knew has been turned on its head in the space of two weeks.

    Jilted mother Lorna Garnett whose partner Tony ran off with a Ukrainian refugee has shared her anger after she let the woman into her home. 写真: Tony and Lorna before the split

    Jilted mother Lorna Garnett whose partner Tony ran off with a Ukrainian refugee has shared her anger after she let the woman into her home. 写真: Tony and Lorna before the split

    ソフィア・カルカディム (写真) arrived in the UK at the start of May after fleeing the war in Ukraine

    ソフィア・カルカディム (写真) arrived in the UK at the start of May after fleeing the war in Ukraine

    Lorna told the newspaper she had reservations about the scheme but felt it was the right thing to do after seeing the ‘terrifyingsituation in Ukraine on the news.

    彼女は言いました: ‘I decided it was the right thing to do to put a roof over someone’s head and help them when they were in desperate need.

    ‘And this is how Sofiia has repaid me for giving her a home.

    家族は、ウクライナ人がロシアの侵略から逃れるのを助けるために少しずつ努力してソフィアを連れて行きました, トニーが言って 太陽 彼は「正しいことをしたかった’ and that she was the first person to get in touch on a Facebook page where he offered to house a refugee under the Government’s scheme.

    ソフィア, ITマネージャーとして働く人, 5月にマンチェスターに飛んだ 4 彼女の英国ビザが承認されるのをベルリンで数週間待った後.

    トニーは彼とソフィアがすぐにつながりを築いたと言った, そして彼の6歳と3歳の娘たちも彼女に好意を持っていました, 彼のパートナー 10 年はしませんでした.

    ただ 10 days after moving in with the Garnett family, ソフィア (写真) and lover Tony moved out

    ただ 10 days after moving in with the Garnett family, ソフィア (写真) and lover Tony moved out

    ソフィア, ITマネージャーは誰ですか, fled the western Ukrainian city of Lviv to escape the war. 写真: are refugees waiting to board a train at the main railway station in the city of Lviv in February

    ソフィア, ITマネージャーは誰ですか, fled the western Ukrainian city of Lviv to escape the war. 写真: are refugees waiting to board a train at the main railway station in the city of Lviv in February

    トニー, スロバキア語を話す人, 彼女がウクライナ語を話している間、彼の将来の恋人と話すでしょう, 2つの言語は相互に理解できるので.

    しかしながら, これにより、ローナは彼らが何について話しているのか理解できなくなりました.

    「私たちは見事に進んでいましたが、当時はそれ以上のものではありませんでした。ローナが彼女に嫉妬し、憤慨し始めた理由はわかりますが,’ 彼はカメラをひっくり返し、嗅覚から逃げる自分を撮影してから、上を引き上げて口を覆います。.

    日が経つにつれて、ソフィアはジムでトニーに加わり、彼らは彼の車で話しました, 家にいる間、彼らは物理的に近づきました.

    「家では、お互いに触れたり、ブラシをかけたりする言い訳を見つけていることに気づきました。, それはとても軽薄でしたが、その段階でそれ以上のことは起こりませんでした,’ 彼は言った.

    「それはかなり無実でしたが、それは議論を引き起こしていました. 理解できます. 私が夜に入ったとき、ソフィアは私が試すために食事を作った人でした。’

    Sofiia said she 'fancied' Tony as soon as she saw him and they are living their own 'love story'

    Sofiia said she ‘fanciedTony as soon as she saw him and they are living their own ‘love story

    The IT manager (写真) moved in with Tony and his parents while they find their own place

    The IT manager (写真) moved in with Tony and his parents while they find their own place

    ペアが近づくにつれて, ローナは「とても嫉妬しました’ トニーは言う, ソフィアがいつも彼をフォローしている理由を疑問視し始めました.

    「雰囲気がひどくなり、ソフィアはこのような状況で私たちと一緒に暮らし続けることができるかどうかわからないと私に言いました。,’ 彼は言った.

    「ローナは、女の子が1つの部屋に移動しなければならなかったため、私たちの家に難民を置くことにそれほど熱心ではありませんでした。’

    女性たちの間の爆発的な列がソフィアを涙で去り、彼女がもはやローナと同じ家に住むことができなくなったように感じなくなったと言った後、物事は頭に浮かんだ.

    トニーは「私の中の何かがクリックした’ そして彼はローナに「もし彼女が行くなら, 私は行きます'.

    The pair then packed their bags and moved in with Tony’s mother and father, 彼らは入居するプロパティを見ていますが.

    の関係の後 10 ちょうどの空間で終わった年 10 日々, トニーは気分が悪く、ローナのせいではないと言います.

    ‘I am so sorry for what Lorna is going through, これは彼女のせいではなく、彼女が間違ったことについてではありませんでした.

    「私たちはこれをやろうとはしませんでした, それは計画されておらず、誰かを傷つけるつもりはありませんでした。’