Omicron is unlikely to cause severe illness in vaccinated people

Omicron Covid variant is unlikely to cause severe illness in people who have received the Pfizer vaccine, BioNTech chief says

  • ウール・シャヒン博士, co-founder of BioNTech, says he believes people fully vaccinated with his company’s shot are safe from severe infection from Omicron variant
  • The Pfizer-BioNTech vaccine provides a person with two layers of protection, one that prevents infections and one that prevents severe complications
  • He says the variant can evade the first level of protection and cause a breakthrough infection, but not get by the second layer
  • The Omicron variant was first discovered in South Africa last week and is believed to have originated in Botswana
  • The co-founder of BioNTechファイザーCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加 vaccine manufacturing partnerbelieves their shot is still effective at preventing severe complications from the オミクロン バリアント.

    ウール・シャヒン博士, co-founder of the Mainz, Germany-based company, 言った ウォールストリートジャーナル on Tuesday that the variant can cause breakthrough infections at a higher rate.

    しかしながら, once in the body, the variant would likely be destroyed.

    Sahin believes that a vaccinated person will have the immune system capacity necessary to defeat the mutated virus, and encourages people to get their booster shots when they can.

    Many experts have feared that the Covid vaccines would not effective against the variant because of how many mutations is has of the spike protein that the vaccines target.

    Dr Ugar Sahin, co-founder of BioNTech, says the people who have received his companies vaccine - a joint effort with Pfizer - are safe from severe complications from the Omicron COVID-19 variant. 写真: Sahin at a virtual awards show on March 18 ベルリンで, ドイツ

    Dr Ugar Sahin, co-founder of BioNTech, says the people who have received his companies vaccinea joint effort with Pfizerare safe from severe complications from the Omicron COVID-19 variant. 写真: Sahin at a virtual awards show on March 18 ベルリンで, ドイツ

    Sahin explained that the vaccine provides a person with two layers of protection from the virus. The first layer prevents infection, and Omicron can get through that layer because of its many mutations. The second layer prevent complications from the virus, and BioNTech do not believe the variant's mutations will allow it to evade those vaccine protections (ファイル写真)

    Sahin explained that the vaccine provides a person with two layers of protection from the virus. The first layer prevents infection, and Omicron can get through that layer because of its many mutations. The second layer prevent complications from the virus, and BioNTech do not believe the variant’s mutations will allow it to evade those vaccine protections (ファイル写真)

    ‘Don’t freak out, the plan remains the same: Speed up the administration of a third booster shot,’ Sahin told the WSJ on Tuesday.

    BioNTech initially developed its two-shot mRNA vaccine early in 2020, and partnered with U.S. based-Pfizer to distribute it around the world.

    It was the first vaccine to earn emergency use authorizationand later full approval – アメリカでは, and is also the only vaccine available to people under the age of 18.

    The shot has been administered 266 million times in the U.S. to fully vaccinate over 109 百万人.

    Sahin told the WSJ that the jab provides people with two levels of protection from the virus.

    最初, it generates Covid antibodies that helps a person’s immune system prevent the virus from infecting cells if a person is exposed.

    This first layer is focused on the virus’s spike protein, which attaches itself to cells and infects them.

    Omicron has more than 30 mutations on its spike protein, giving it the ability to evade the first layer of protection.

    Protection from the infection is also found to wane over time, as antibodies provided by the vaccine diminish, making a fully vaccinated person more vulnerable to a breakthrough infection.

    The second layer of protection remains strong against the variant, でも.

    After infection, a second wave of protection arrives, as immune cells in the body work to destroy infected cells.

    The BioNTech chief does not believe that the variant can evade this second level of protection.

    ‘If a virus achieves immune escape, it achieves it against antibodies, but there is the second level of immune response that protects from severe diseasethe T-cells,’ 彼は言った.

    ‘Even as an escape variant, the virus will hardly be able to completely evade the T-cells.








    It is a reassuring signal from a leading vaccine expert after a week of fears caused by the discovery of the new variant.

    Omicron was first detected by South African health officials last week and is believed to have originated in Botswana.

    American officials acted quickly, and President Joe Biden halted travel from South Africa, ボツワナ, and fiver other African nations in the region starting Monday.

    Many other countries made similar moves, but it has not prevented the variant from spreading.

    少なくとも 200 cases of Omicron have been detected in 18 国, including the UK and Canada.

    While it has not yet been sequenced in the U.S., some health experts are sure it has found its way into the country, and it is just waiting to be found.

    BioNTech announced Monday that it is working on an Omicron specific vaccine, but for now Sahin encourages people to protect themselves by getting a Covid booster shot.

    ‘We have a plan to administer a third shot to people, and we must stick to this plan and speed it up,’ he told WSJ.

    ‘Whether or not we will need extra protection by an adapted vaccine, this remains to be seen, later.

    Why is the new Omicron variant so scary?

    バリアントについて何が心配ですか?

    専門家は、これは「これまでに見た中で最悪の変種だ」と述べています’ そしてそれが運ぶ突然変異の数に警戒している.

    世界保健機関がオミクロンと名付けた変種は、 32 スパイクタンパク質の変異—これまでに記録された中で最も多く、現在優勢なデルタ株の2倍.

    専門家は、変更がワクチンを作る可能性があることを恐れています 40 最良のシナリオでは効果がパーセント低下します.

    これは、B.1.1.529での変更の多くがウイルスのスパイクタンパク質にあるためです。.

    ワクチンの現在の収穫は、ウイルスの古いバージョンからのスパイクのバージョンを認識するように体をトリガーします.

    ボツワナの亜種には 50 突然変異以上 30 それらのスパイクタンパク質にあります. ワクチンの現在の収穫は、ウイルスの古いバージョンからのスパイクタンパク質のバージョンを認識するように体をトリガーします. しかし、突然変異はスパイクタンパク質を非常に異なって見えるようにするかもしれません、それで体の免疫システムはそれを認識してそれを撃退するのに苦労します. そしてスパイク突然変異の3つ (H665Y, N679K, P681H) それが体の細胞にもっと簡単に入るのを助けます. その間, 膜タンパク質が不足しています (NSP6) これはウイルスの初期の反復で見られました, 専門家はそれをより感染性にすることができると考えています. そしてそれは2つの突然変異を持っています (R203KおよびG204R) これまでに懸念されるすべての変異株に存在し、感染性と関連している

    ボツワナの亜種には 50 突然変異以上 30 それらのスパイクタンパク質にあります. ワクチンの現在の収穫は、ウイルスの古いバージョンからのスパイクタンパク質のバージョンを認識するように体をトリガーします. しかし、突然変異によってスパイクタンパク質の外観が非常に異なるため、体の免疫系がそれを認識して撃退するのに苦労する可能性があります. そしてスパイク突然変異の3つ (H665Y, N679K, P681H) それが体の細胞にもっと簡単に入るのを助けます. その間, 膜タンパク質が不足しています (NSP6) これはウイルスの初期の反復で見られました, 専門家はそれをより感染性にすることができると考えています. そしてそれは2つの突然変異を持っています (R203KおよびG204R) これまでに懸念されるすべての変異株に存在し、感染性と関連している

    しかし、スパイクタンパク質は新しい株では非常に異なって見えるためです, 体の免疫システムはそれを認識してそれを撃退するのに苦労するかもしれません.

    また、Deltaバリアントに見られる変異が含まれているため、より簡単に拡散できます。.

    専門家は、ウイルスが少なくとも2週間はどれだけ感染性が高いかわからず、最大6週間はCovidの入院と死亡への影響を知らない可能性があると警告しています。.

    バリアントにはどのような変異がありますか?

    ボツワナの亜種には 50 突然変異以上 30 それらのスパイクタンパク質にあります.

    それは、「めったに一緒に見られない」突然変異P681HとN679Kを持っています’ そしてそれをさらにジャブ耐性にすることができます.

    これらの2つの突然変異, H655Yと一緒に, また、ウイルスが体の細胞に侵入しやすくなる可能性があります.

    そして、突然変異N501Yは、菌株をより伝染性にする可能性があり、以前はケントのアルファで見られました。’ とりわけバリアントとベータ.

    他の2つの突然変異 (R203KおよびG204R) ウイルスをより感染性にする可能性があります, このバリアントから欠落している突然変異が (NSP6) その伝達率を高めることができます.

    また、南アフリカの「ベータ版」と同様の変異K417NおよびE484Aも含まれています。’ ワクチンをかわすことができるようにしたバリアント.

    しかし、それはまたN440Kを持っています, デルタで見つかりました, およびS477N, 抗体エスケープに関連しているニューヨークの亜種(3月の州での症例の急増に関連していた)について.

    それが持っている他の突然変異にはG446Sが含まれます, T478K, Q493K, G496S, Q498RおよびY505H, それらの重要性はまだ明らかではありませんが.

    懸念の変種ですか?

    世界保健機関は、ウイルスを「懸念の変種」として分類しました, 最もリスクの高い株に付けられたラベル.

    これは、WHOの専門家が、その突然変異がより速く広がることを可能にすると結論付けたことを意味します, より重篤な病気を引き起こしたり、ワクチンからの保護を妨げたりする.

    これまでにバリアントはどこで検出されましたか?

    亜種はこれまでに5か国で発見されています: 南アフリカ, ボツワナ, 香港, イスラエルとベルギー.

    ほとんどのケースはハウテンで発見されました, ヨハネスブルグが拠点を置く南アフリカ北東部の州.

    最初のケースは、香港によって国際バリアントデータベースGISAIDにアップロードされ、南アフリカからこの国に旅行した人に発見されました。.

    英国では症例は見られていません. しかし、科学者は英国ですべての陽性Covidサンプルをシーケンスするわけではなく、ウイルスを捕まえたすべての人が検査を受けるわけではありません.

    これは、英国で亜種に感染した人々がいる可能性があることを意味します.

    英国はバリアントについて何をしていますか?

    保健大臣は昨夜、11月金曜日の正午から6カ国がレッドリストに追加されると発表しました 26.

    レッドリストに載っている国は: 南アフリカ, ボツワナ, Eswatini, Lesotho, ナミビアとジンバブエ. これは、これらの国から英国へのすべての直行便が禁止されていることを意味します.

    これらの国から今日の正午から日曜日の午前4時の間にイギリスに到着した人、または 10 前日—乗客ロケーターフォームに記入する必要があります, 自宅で検疫し、PCRテストを受ける必要があります.

    日曜日の午前4時以降にこれらの国から到着する人は、管理された検疫ホテルに滞在する必要があります。 10 滞在2日目またはそれ以前にCovidテストを受けます, 8日目以降の別のテストと同様に.

    そして、英国の健康安全保障局は、B.1.1.529を調査中の変種として分類しました, それはそれが心配な突然変異を持っていることを意味します.

    専門家はリスク評価を実施し、より感染性が高いことが確認された場合、懸念のバリアントにランクを上げる可能性があります, より深刻な病気を引き起こしたり、ワクチンや薬の効果を低下させたりします.

    B.1.1.529が最初に登場したのはどこですか?

    最初のケースは、11月に香港によって国際バリアントデータベースGISAIDにアップロードされました 23. 新しい亜種を持っている人は南アフリカから国に旅行していました.

    英国は、ウイルスが脅威である可能性があることを特定し、他の国に警告した最初の国でした.

    それ以来, 77 南アフリカで症例が確認された, 香港に2つ、ボツワナに3つ.

    イスラエルの保健局長は本日、B.1.1.529の症例が1件確認され、2件疑われたと発表しました。, ベルギーには2つの疑わしいケースがありますが.

    専門家は、この株はボツワナで発生した可能性があると信じています, しかし、アフリカ大陸は多くの陽性サンプルをシーケンスしていません, そのため、バリアントが最初に出現した場所がわからない場合があります.

    フランソワバロウ教授, ユニバーシティカレッジロンドンの遺伝学者, MailOnlineに、ウイルスは免疫不全患者の長引く感染症で出現した可能性が高いと語った, おそらく診断されていないエイズを持つ人.

    免疫力が低下している患者では、体がそれを撃退することができないため、感染症が数ヶ月続く可能性があります. これにより、ウイルスは体の防御を回避できる変異を獲得する時間ができます。.

    ブースターがあれば保護されますか?

    科学者たちは、新しい株がCovidワクチンを作る可能性があると警告しました 40 効果がパーセント低下.

    しかし、彼らは、変異型の出現により、人々がブースタージャブの資格を得るとすぐにブースタージャブを取得することがさらに重要になると述べました.

    ワクチンは中和抗体を誘発します, これは、新しいバリアントに対して利用可能な最高の保護です. したがって、これらの抗体が多ければ多いほど、人はより良いものになります, 専門家は言った.

    英国保健大臣, サジド・ジャビド, 前記: 「ブースタージャブは、このバリアントについて知る前からすでに重要でしたが、今では, これ以上重要なことはありません。’

    バリアントについて詳しく知るのはいつですか?

    新しい亜種の伝染性と入院および死亡への影響に関するデータはまだ数週間先にあります.

    英国は南アフリカに支援を提供しました, ほとんどの場合が集中しているところ, この情報を収集し、2〜3週間で伝染性についてもっと知ると信じています.

    しかし、彼らが入院と死亡についてもっと知るまでには、4週間から6週間かかるかもしれません。.

    と呼ばれるバリアントは何ですか?

    この株は11月に科学的にB.1.1.529と名付けられました 24, 香港で発見された翌日.

    これまでに正式名称が付けられた亜種にはAlphaが含まれます, ベータ, デルタとガンマ.

    11月の世界保健機関の専門家 26 バリアントをオミクロンと名付けた.

    広告

    コメントは締め切りました.