ロシアはモスクワの軍艦からの生存者を示すと主張するビデオをリリースします

モスクワの乗組員の謎: Russia releases video claiming to show survivors of doomed warship including captain who was said to have been killed by Ukrainian missile attack

  • ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦, ロシアの黒海艦隊の旗艦, sunk after explosions on board
  • Russia have released video claiming to show the survivors of the sunken warship
  • Crew allegedly seen for first time in parade in Crimean port city of Sevastopol
  • On Thursday Russia’s defence ministry said ship sunk while being towed to port
  • ロシア has released a video that claims to show the survivors of the doomed sunken Moskva warship, including the captain who was said to have been killed in the Black Sea during a Ukrainian missile attack.

    After a virtual Moscow news blackout leading to speculation that hundreds had perished, footage appeared to show the naval chief Admiral Nikolay Yevmenov, 60, addressing naval officers and seamen in the Crimean port city of Sevastopol.

    It was unclear when the meeting took place and a TASS report did not say.

    One of the officers present resembled 1st rank Captain Anton Kuprin, commander of the Moskva, who the Ukrainians claimed had been killed in the sinking evidently caused by a Neptune missile strike.

    In the soundless footage, 周り 120 sailors and officers can be seen standing at attention in dress uniform during the parade.

    ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます, ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます.

    Ukraine claimed the entire 510 ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます, ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます, ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます, ロシアが短いビデオで彼らが安全でよくあると主張するので、謎はモスクワの乗組員の運命を取り囲んでいます. モスクワはセヴァストポリで描かれています, これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。.








    After a virtual Moscow news blackout leading to speculation that hundreds had perished, footage showed the naval chief Admiral Nikolay Yevmenov, 60, addressing naval officers and seamen in the Crimean port city of Sevastopol

    After a virtual Moscow news blackout leading to speculation that hundreds had perished, footage showed the naval chief Admiral Nikolay Yevmenov, 60, addressing naval officers and seamen in the Crimean port city of Sevastopol

    The Moskva is a 12,500 tonne Project 1164 Slava class guided missile cruiser that was first launched in 1979. ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 12,500 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 1164 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 1979. ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦

    One of the officers present resembled 1st rank Captain Anton Kuprin, commander of the Moskva, who the Ukrainians claimed had been killed in the sinking evidently caused by a Neptune missile strike

    One of the officers present resembled 1st rank Captain Anton Kuprin, commander of the Moskva, who the Ukrainians claimed had been killed in the sinking evidently caused by a Neptune missile strike

    Russia has released a video that claims to show the survivors of the doomed sunken Moskva warship, including the captain who was said to have been killed in the Black Sea during a Ukrainian missile attack

    Russia has released a video that claims to show the survivors of the doomed sunken Moskva warship, including the captain who was said to have been killed in the Black Sea during a Ukrainian missile attack

    Russian Telegram accounts with links to the Wagner Group claim Bayraktar drones were used to distract the Moskva's radar systems before a coastal battery opened fire somewhere near Odesa, ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります

    ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります, ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります

    The flagship of Russia's Black Sea fleet - Twitterが現在のオファーを拒否した場合 - ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります

    ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります – Twitterが現在のオファーを拒否した場合 – ウクライナが2隻の対艦巡航ミサイルで撃ったと主張した後、大きな被害を受け、沈没した可能性があります

    これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。, これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。, 前記: これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。, but even the forces of nature were on Ukraine’s side because the storm made both the rescue operation and crew evacuations impossible.

    これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。.

    昨夜, これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。, これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。, これは、第二次世界大戦以来のロシア海軍の海上での最大の人命の損失を表しています。.

    映像の信憑性は確認できず、金曜日にセヴァストポリの町の広場で徹夜をしている数十人の人々が撮影されました。. 映像の信憑性は確認できず、金曜日にセヴァストポリの町の広場で徹夜をしている数十人の人々が撮影されました。: ‘To the Moskva and its crew.

    There were reports of an eight hour battle to save the ship from sinking. Yet the footage left many questions unanswered.

    There were around 150 men visible in sunshine on the Sevastopol parade ground in the Defence Ministry footage, whereas the crew of the stricken warship had numbered more than 500.

    周り 120 sailors and officers can be seen in the soundless footage standing at attention in dress uniform

    周り 120 sailors and officers can be seen in the soundless footage standing at attention in dress uniform

    Russia claims Admiral Nikolai Yevmenov, met with surviving members of the Moskva's crew in Sevastopol

    Russia claims Admiral Nikolai Yevmenov, met with surviving members of the Moskva’s crew in Sevastopol

    4月 7: The Moskva is pictured in Sevastopol, occupied Crimea, which is the home port of Russia's Black Sea fleet. The Soviet-era ship leads the fleet, and is equipped with anti-ship, モスクワはセヴァストポリで描かれています

    4月 7: モスクワはセヴァストポリで描かれています, モスクワはセヴァストポリで描かれています, モスクワはセヴァストポリで描かれています. モスクワはセヴァストポリで描かれています, モスクワはセヴァストポリで描かれています, モスクワはセヴァストポリで描かれています








    4月 10: 他の船が出席しているのが見られます (pictured last week near the port of Sevastopol) has been helping coordinate Russian naval operation in the Black Sea, これには船の船長が含まれていました

    4月 10: 他の船が出席しているのが見られます (これには船の船長が含まれていました) これには船の船長が含まれていました, これには船の船長が含まれていました

    It was not made clear why so many were missing.

    The men were lined up in a way to give the impression of a large number present on the parade ground, but hundreds were missing.

    There were no references to any fatalitiesyet at a vigil yesterday in the city, there were prayers for the lost sailors.

    Nor were there references to any wounded from a fire and giant explosion which sank the flagship of the Russian Black Sea Fleet.

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦: ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 12,500 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 1164 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 1979.

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦.

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦, ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 16 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 40 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦.

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 500 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦 64 ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦, ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦.

    ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦, ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦, ソビエト時代の600フィートミサイル巡洋艦.

    ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。.

    ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。 16 ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。’ ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。 440 マイル. ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。.

    4月中 2021, ウクライナの当局者は以前、モスクワが2隻の対艦ミサイルに攻撃されたと述べたが、証拠は何も与えなかった。.

    広告

    The admiral was shown on TV saying: ‘The crew of Moskva cruiser is at the main base, hero city of Sevastopol.

    ‘Officers, midshipmen, contract personnel will continue service in the Navy.

    Conscript sailors on the Moskva would be relieved of their duties in the near future, 彼は言った.

    However this admission flies in the face of an assurance by Vladimir Putin that no conscriptsusually aged 18 または 19 – were involved in the war.

    ‘Compulsory [軍隊] サービス担当者, in line with the law, will be released from May to July, and will leave to be put on military register,’ said the admiral.

    A TASS report of the meeting failed to mention that the Moskva had been sunk.

    Ukrainian spokesman Anton Gerashchenko asked where the missing men were.

    モスクワの喪失は、これまでの戦争中にウクライナがロシア軍に負わせた最大の犠牲者であり、第二次世界大戦の終結以来、戦闘で失われた最大の船の1つです。.

    それはまた、プーチンの軍隊にとってもう一つの屈辱的な損失を示しています, ロシアの指導者は「激怒している」と言われています’ ニュースを与えられた後.

    ロシアのメディアによると, プーチンは船の喪失について一晩知らされ、攻撃はイギリスの武器で行われたと誤って言われました.

    プーチンは「激怒した’ 「これまでに見たことのない」方法で, 一般的なSVRテレグラムチャネルは言った.

    チャネルは、クレムリン内のリンクを持つ元秘密の軍人からの内部知識を主張します.

    ウクライナもロシアも、モスクワに何が起こったのかについて公式の説明をしていません。 – テレグラムチャネルに話しているソースが メダルの裏側, ロシアの賭け軍グループにリンクしています, 詳細な説明をしました.

    それらの情報源によると, モスクワは水曜日の夜に標的にされたとき、ウクライナの港湾都市オデーサとムィコラーイウの間の黒海を航海していた.

    伝えられるところによると、ウクライナはトルコ製のバイラクタルドローンを使用して船のミサイル防御をそらしました, 沿岸砲弾から発射された2発のネプチューンミサイルが潜入できるようにする.

    彼らは左舷で船を殴った, 主張された情報源, 部分的にロールオーバーします. ロールと組み合わされた海の不安定な状態は、船が水を飲み始めたことを意味しました.

    船の弾薬が爆発する恐れがあるため, モスクワは避難し、沈没しました, 追加されたソース.

    ポノマレフ, 今日彼自身の電報アカウントに書く, そのアカウントに信用を与えた. 彼が書きました: 「黒海艦隊の旗艦, ミサイル巡洋艦モスクワ, ウクライナ製のネプチューンミサイル2発で最下部に発射されました.

    核兵器を含む潜在的に致命的な事故のためのアメリカ軍の俗語: ロシアの旗艦を吹き飛ばしたウクライナの独創的な策略

    マーク・ニコル, デイリーメールの防衛編集者

    ロシアの恐ろしい黒海艦隊のプライドは、戦争の最も狡猾な作戦の1つで昨日持ち出されました.

    ウクライナの司令官は、ドローンを使用して防衛システムの注意をそらすことにより、巨大なモスクワ軍艦を破壊しました, 表面スキミングミサイルの攻撃を可能にする.

    12,500トンの巡洋艦の保護センサーは、ネプチューンのロケットがトルコのTB2ドローンを追跡していたため、その方向に向かっているのを認識していなかったようです。.

    2発のミサイルが611フィートのモスクバの左舷に衝突した, 彼女を激しく揺り動かし、壊滅的な爆発と巨大な火事を引き起こします. 炎が嵐の黒海を照らしたように, 船の 510 乗組員は必死に救命ボートに乗り込み、逃げました.

    モスクワが昨日の午前2時に奇襲攻撃を行った, ロシアの主要な「指揮統制」軍艦, 周りにいた 60 オデッサの南マイル.

    船の船長と防空将校はおとりTB2を追跡していると言われていました, ウクライナ製のネプチューンR360対艦ミサイルが海岸線の砲台から発射された後、彼らの道を進んでいることに気づいていませんでした.

    ミサイル, それぞれが1トンの重さで、 186 マイル, 海面でモスクワに近づいた. 荒れた海でこのような低い弾道で旅行することは、彼らが追跡するのが難しいことを意味しました. 彼らは彼らのマークを打ちました.

    攻撃後, 老朽化した巡洋艦– 1979 –当初はクリミアに向けて曳航されました. 米国の諜報機関はそれがまだ燃えていると言った.

    ロシアの造船所は国際的な制裁のために操業できないため、償却されると予想されていました。. しかし昨夜、ロシア国防省は、モスクワが実際に「嵐に曳航されている間に」沈没したと述べた, 国営通信社のタス通信が報じた.

    軍用ハードウェアに関して, モスクワは、戦争が始まって以来、ロシアの軍隊にとって最大の単一の損失を表しています.

    昨日の非常に洗練された出撃は、ロシアの資産の正確なターゲティングを可能にするために「直接インテリジェンスサポート」を提供していることを米国が認めてからわずか数時間後に来ました. それはまた、長い情報収集活動の集大成でもありました。, デイリーメールは学んだ, 船は、黒海北西部で「予測可能なパターン」と呼ばれる情報源で運航されており、多くの場合、護衛なしで運航していることが明らかになりました。.

    大型巡洋艦では通例です, 特に旗艦, 保護スクリーンを提供するフリゲート艦を伴う.

    しかし、おそらく彼らは彼らが免責で活動できると思ったからでしょう, ロシアの司令官はモスクワを守ることを怠った. この事件は、ウクライナの海岸線の近くで活動するとき、ロシアの海軍司令官をより警戒させると予想されています.

    英国海軍は、基準を改善するために、近年、ウクライナの対応者を訓練してきました. しかし、英国当局は、英国がこの作戦の功績を認められる可能性があるという提案を軽視した。. ウクライナは、攻撃に使用されたネプチューンミサイルを設計および製造しました. 皮肉なことに, 彼らはロシアのデザインに基づいています.

    昨夜, 軍艦の専門家ジョナサン・ベンサム, 国際戦略研究所から, 前記: 「モスクワが対艦ミサイルに攻撃されたと仮定して作業する, これは、スラヴァ級巡洋艦の運用能力とより広いロシア海軍の状態についての疑問を提起します. 理論的には, 船の対空防御機能は、海王星のような亜音速ミサイルに当たらないように十分なカバーを提供する必要があります.

    「艦隊で3番目に大きい水上艦艇(クズネツォフ提督とピョートルヴェリキーに次ぐ)がこれらの能力を欠いている場合, 他に何が欠けていますか?’

    広告