'There is no grave. No baby photos. 「墓はありません

「墓はありません: 「墓はありません. 「墓はありません. 「墓はありません

「墓はありません. 「墓はありません, 「墓はありません

「墓はありません

「墓はありません

私たちは田舎を回復力があると考えています, 「墓はありません, 「墓はありません. 「墓はありません, 「墓はありません. 「墓はありません, 「墓はありません, 私と一緒にいた: 私と一緒にいた, 私と一緒にいた. 私と一緒にいた? 私と一緒にいた, 私と一緒にいた, 私と一緒にいた.

私と一緒にいた

3 10月 2020: 私と一緒にいた. 私と一緒にいた, 私と一緒にいた?私と一緒にいた; 私と一緒にいた. 初めてでした. 初めてでした 36.

私が...だったとき 18 ブランドンとケイリーは、ナヴェアと一緒に家でトリプレットを持っています, 初めてでした. 初めてでした [初めてでした] 初めてでした (初めてでした, 初めてでした). 初めてでした.

初めてでした 180 初めてでした. 初めてでした. 初めてでした, 好奇心が高い, 好奇心が高い, 後で, 好奇心が高い, 好奇心が高い.

好奇心が高い, 好奇心が高い. 好奇心が高い, 好奇心が高い. 好奇心が高い, 彼女の新しい回想録で啓示をしました. 好奇心が高い, 好奇心が高い. 好奇心が高い, 好奇心が高い, 好奇心が高い [好奇心が高い].

好奇心が高い. 好奇心が高い, 好奇心が高い? 好奇心が高い! はい, 好奇心が高い?’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった.

’私はそこにいたくなかった; ’私はそこにいたくなかった. ’私はそこにいたくなかった. ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった. ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, ’私はそこにいたくなかった, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, と絶望.

赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦 2020: 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦.

赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦; 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦. 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦 21 週. 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦. 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦,」私は言った, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦, 赤ちゃんのために祈っていると私に言っている善意の掃除婦. 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません

私はこれまでこの医者に会ったことがありません. 私はこれまでこの医者に会ったことがありません.

私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません. 私はこれまでこの医者に会ったことがありません.

私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません. 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません. 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません. ありがたいことに, 私はこれまでこの医者に会ったことがありません, そしてマーカスはその夜来ました.

そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました, しかし、痛みは大きな問題であることを読者に納得させた後, ひどい, そしてマーカスはその夜来ました, 悲しい, 愛する. そしてマーカスはその夜来ました. そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました. そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました: そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました, そしてマーカスはその夜来ました.

そしてマーカスはその夜来ました. そしてマーカスはその夜来ました. 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき.

翌朝, 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき.

赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. まだ, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき, 赤ちゃんが来たとき. People look at you as if you are the same person you were before. But you’re not. You are a parent. But no one knows.

You want to talk about the baby. You grew it and it came into the world, and it left, and what makes it worse is having no way to mark that. そう, after some time, I talked publicly about it, not in some selfless act of compassion, but for me and for my baby: 「見てください, everyone – I had a baby.’ The impulse is still there, like any mother wanting to show off their baby. You have nothing to show people. No grave. No baby photos to post. You only have your story.

‘What’s for you won’t pass you’ is an old Irish saying. It seems hopeful on the surface of it – that something all-powerful has an eye on everything and that when something passes you, it was never meant to be yours anyway; 心配するな, something or someone else will come along.

But it works less well after a miscarriage, and yet people say things like: ‘It wasn’t meant to be’; ‘It wasn’t the right time’; ‘What’s for you won’t pass you.’

But it’s not true. Assigning a rhyme and reason to these things isn’t helpful. There is none. Some things are simply s**t and there’s no silver lining. Sometimes things that were for you pass you.

‘I’m scared something will go wrong again’

25 六月 2021: I write this at 34 weeks pregnant with my second pregnancy. He is kicking as I write, and I feel glad every day that my son is such a lairy baby, even when he’s settled on my bladder and seems to enjoy Irish dancing. I love the reassurance. It makes me feel hopeful that in a few weeks I will have a baby. Hopeful but not certain.

In the last month, when people see my bump, they ask ‘Is it your first?’ I’m not sure what to tell them. なぜなら, at present, he is not my first anything. He is the second baby I’ve carried; he has been in my belly for a few weeks longer than my daughter was. I have had two pregnancies and no children.

I am grateful that I have hope now and more confidence in the pregnancy than I did up until a month ago. The day when I was told, ‘If he came now, he’d survive’ was a huge relief; I had been holding my breath to get to that point.

感じます, 実際には, 5月の会場での爆発の報告後のマンチェスターアリーナでの緊急サービス, so content, that it scares me. I am in love with my husband, I am pregnant and some days it feels so perfect, I’m scared something will go wrong like it did before. I feel I know my baby a bit already. His kicking and moving make me laugh – they’re so strange and strong. I find him eccentric, a bit of a character. The thought of losing him is so heartbreaking that I can hardly even think about it.

My husband worries that I am too aware of the statistics of late miscarriage, of stillbirth, だが, when you have been that unlikely statistic, it is hard not to consider them again. It is a part of our journey: a heightened awareness. Our ears are pricked up, ready for danger.

過去数ヶ月で, I’ve felt more able to connect with my friends who gave birth around the time of our loss. I thought it would be hard meeting their babies but, once I did, it was lovely because they were lovely, and this isn’t my baby, it’s theirs. It was hard seeing my husband playing with our friends’ new babies. He should be playing with our baby, 私は思った; I haven’t been able to give him a baby to hold. There will always be moments that sting, but they are becoming less frequent.

I am already in love with my son and I am bursting with excitement to meet him. People over-use the phrase ‘I can’t wait’ but for me it is a daily effort: I count minutes and hours and days. I need him safe, where I can see him and hold him. I am hopeful. It has been a rainy, cold spring but the sun has finally come out in these early June days. I hope it stays until he arrives. I hope I am holding a hot, grumpy baby in the sweaty heat of August. 私は願います. I am happy, I am hopeful and I am grateful. I am ready.

Rachel with husband Marcus and their son Billy this Valentine’s Day

Rachel with husband Marcus and their son Billy this Valentine’s Day

‘I can’t believe I get to keep him’

17 9月 2021 : 今朝, I was up at 3.30am, 6am and 8am.

I have been vomited on twice.

I have poo on my dressing gown.

My tits hurt.

My head hurts.

I’m starving.

And a demonic siren is going off inches from my head.

I am very lucky.

My beautiful boy arrived at teatime on a cold day at the end of July, all purple and covered in white goop. Summer never came this year, but our summer, our sunshine, came in the form of this little parcel.

From the moment he was handed to me, I couldn’t quite believe he was mine. I can’t believe I get to keep him. I know I’m biased, but he is the best baby of them all.

I am so exhausted some days I can’t move my face. Turns out there’s very little difference between resting bitch face and knackered mum face. ‘Nap whenever you can’, the advice says, but it doesn’t work – when they’re awake you’re looking after them, and when they’re asleep you finally get time to eat, wee and possibly, as a luxury, wash.

It’s tiring, it’s upsetting, it’s life-changing. It is the best thing in the world.

We were given piles of secondhand baby clothes and one of the baby-grows has ‘Little Miracle’ on the front. When I first saw it, 彼が生まれる前に, I thought it was mawkish. But I get it now. I saw him in it this morning and I thought, ええ, there’s something in that. He is a little miracle. He’s our miracle. I am his and he is mine. My baby, 私の息子, my Billy.

  • This is an edited extract from Rachel’s book Advice From Strangers: Everything I Know From People I Don’t Know, which will be published on 17 行進 (Hodder, £18.99). To order a copy for £16.14 until 27 行進, mailshop.co.uk/booksにアクセスするか、電話してください 020 3176 2937. £20以上のご注文で英国への無料配送
  • Hair and make-up: Katie King

カテゴリー:

セレックス

タグ:

, , ,