アメリカ海軍は極超音速ミサイルとレーザーを搭載した新しい軍艦を計画しています

あなたに戻って, 中国! アメリカ海軍は、極超音速ミサイルとレーザーを現在のエネルギー兵器よりも10倍強力に発射する新しい軍艦の計画を発表しました

  • 水曜日の海軍は、新しいDDGの計画を明らかにしました(バツ) 次世代大型水上艦
  • 回路図では、極超音速ミサイルと強力なレーザー兵器を発射するために装備する必要があります
  • 新しいクラスは、アーレイバーク級誘導ミサイル駆逐艦の現在の艦隊に取って代わります
  • 軍艦の建設はで始まると推定されています 2028 の費用で $3.5 に $4 船あたり10億
  • アメリカ海軍は、次世代クラスの大型水上艦の初期計画を発表しました, 極超音速ミサイルと強力なレーザー兵器を発射するために装備されます.

    今のところ吹き替えDDG(バツ), 新しいクラスの船は、 2028, 予測される単価で $3.5 に $4 最初の船のための10億ドル

    DDG(バツ) 海軍が建造を試みた最大の戦争船となる 20 年, 水曜日の海軍当局者は、アーリントンで開催された水上海軍協会のシンポジウムで、船に関する新しい詳細を明らかにしました。, バージニア.

    このプロジェクトでは、600キロワットのレーザーを2セット取り付けることを望んでいます。 – 10 サービスが現在フィールドしているどのレーザーよりも何倍も強力 – 船の後ろに, 前方に向かって別の120キロワットのレーザーと同様に, と一緒に 12 ミサイル発射セル, による USNIニュース.

    船が完成したら, ミサイル発射台には、現在海軍向けに開発されているペンタゴンの新しい極超音速ミサイルを搭載できます。, 陸軍と空軍.

    それは、世界の主要な軍事力間の世界的な軍拡競争の真っ只中にあります – 特に米国, 中国, とロシア – 極超音速ミサイルを開発する, 「新世代」と見なされます’ 洗練された武器の.

    極超音速ミサイルは通常、弾道ミサイルよりも低い高度でターゲットに向かって飛行し、音速の5倍以上を達成できます。 – または約 3,850 mph.

    新しいDDG(バツ) (写真)- によって建設を開始する予定 2028 - 船の後部に2セットの600kwレーザーを取り付ける計画が含まれています, 前方に向かって別の120kwレーザーと同様に, と一緒に 12 極超音速ミサイル発射セル.

    新しいDDG(バツ) (写真)- によって建設を開始する予定 2028 – 船の後部に2セットの600kwレーザーを取り付ける計画が含まれています, 前方に向かって別の120kwレーザーと同様に, と一緒に 12 極超音速ミサイル発射セル.

    水陸両用輸送ドック船USSポートランド (LPD 27) 12月にアデン湾の静的表面訓練目標で高エネルギーレーザー兵器システムのデモンストレーションを実施 14

    水陸両用輸送ドック船USSポートランド (LPD 27) 12月にアデン湾の静的表面訓練目標で高エネルギーレーザー兵器システムのデモンストレーションを実施 14

    水陸両用輸送ドック船USSポートランドに搭乗している船員は、静的な表面訓練ターゲットで高エネルギーレーザー兵器システムのデモンストレーションを観察します, 12月. 14, 2021

    水陸両用輸送ドック船USSポートランドに搭乗している船員は、静的な表面訓練ターゲットで高エネルギーレーザー兵器システムのデモンストレーションを観察します, 12月. 14, 2021

    計画では、新しい船が、入ってくる誘導ミサイルを無効にするのに十分強力な2つの600キロワットのレーザーをホストすることを求めています.

    それは 10 サービスの既存のレーザー兵器の2倍強力, 海軍が先月アデン湾でのテストで最近実証したもの.

    DDG(バツ) どちらかが装備されます 32 マーク 41 従来の誘導ミサイル用の垂直発射システムセル, または 12 将来のより大きな極超音速ミサイル用の発射セル.

    陸軍と海軍は現在、新しい極超音速ミサイルシステムで協力しています, 10月にプロモントリーでシステムのモーターの2回目のテストに成功しました, ユタ.

    潜在的な敵, ロシアを含む, 中国と北朝鮮, 極超音速ミサイルをすでに発射したと主張する, そして国防総省は、これが対処しなければならない「戦闘の非対称性」を生み出したことを認めています。’

    彼らの名前にもかかわらず, アナリストは、極超音速兵器の主な特徴は速度ではないと言います – これは、従来の弾道ミサイル弾頭に匹敵するか、それを超えることがあります。 – しかし、彼らの機動性, それらをミサイル防衛システムをかわす能力を高める.

    これは、最初に武器を習得した人は誰でも、敵のミサイル防衛システムを実質的に役に立たなくする可能性があることを意味します.

    新たに発表された計画によると, DDG(バツ) 船も取引します ズムウォルト級誘導ミサイル駆逐艦に見られる統合電力システムに類似した従来のガスタービン推進システム – ガスタービンを使用して、 75 メガワットの電力, 小さな町を照らすのに十分.

    DDG(バツ), これは、海軍の老朽化したタイコンデロガ級巡洋艦、そして最終的にはアーレイバーク級に取って代わるものです。 (上記) 誘導ミサイル駆逐艦, 未来の武器のために設計されています

    DDG(バツ), これは、海軍の老朽化したタイコンデロガ級巡洋艦、そして最終的にはアーレイバーク級に取って代わるものです。 (上記) 誘導ミサイル駆逐艦, 未来の武器のために設計されています

    ズムウォルト級駆逐艦 (上記) DDGのもう1つのインスピレーションです(バツ) 船体, 初期のレンダリングはアーレイバーク級のデザインに近いように見えますが

    ズムウォルト級駆逐艦 (上記) DDGのもう1つのインスピレーションです(バツ) 船体, 初期のレンダリングはアーレイバーク級のデザインに近いように見えますが

    潜在的なDDGのモデル(バツ) 船体の形状は、メリーランド州の海軍水上戦センターカーデロックでテストされているのが見られます

    潜在的なDDGのモデル(バツ) 船体の形状は、メリーランド州の海軍水上戦センターカーデロックでテストされているのが見られます

    「21世紀が脅威との戦いを続けるために必要となる能力は、ミサイル能力センサーの成長の増加です。, 指向性エネルギー兵器, 実際には多くの電力を必要とします, 存続可能性の向上と電力可用性の向上,’ 海軍の副プログラムマネージャー、キャサリン・コネリーは水曜日のシンポジウムで述べた, USNIによると.

    DDGの初期バージョン(バツ) 以前の駆逐艦用に開発された戦闘システムを使用します, 兵器システムが進化するにつれて成長できる新しい船体に包まれた, コネリーは言った.

    「最初の船は、新しい船体形状と新しい統合電力システムに焦点を当てます. フライトIII船の実績のある戦闘システムを使用するため、海軍の将来と今後のニーズに対応できる柔軟性とマージンを備えた船を設計しています。,’ 彼女は言いました.

    DDGの船体(バツ) ズムウォルト級とアーレイ・バーク級駆逐艦の両方をベースにした洗練されたデザインになります.

    海軍当局はDDGを構想している(バツ) 9,700トンのアーレイバーク級設計よりも大きい, しかし、16,000トンのズムウォルトよりも小さい.

    プログラムは船体の設計に決着していませんが, 水曜日にプランナーは、ズムウォルトよりもアーレイバークに近いスイープボウのレンダリングを発表しました.

    「私たちは実際に船体の形を固定していません, まだ. それがコンセプトです,’ コネリーは言った, コンセプトアートを参照して.

    「これは、まだ有効な多くのオプションの1つです。. …私たちはデザインチームです, さまざまなオプションをすべて試し、どれが長期的およびミッションに最適かを確認しています.








    米海軍は先月、イランに戻ったイエメンの反政府勢力が爆薬を詰めたドローンボートを使って船を脅かした中東の水路で浮かんでいる標的を破壊するためにレーザー兵器を発射したと発表した. このテストでは、USSポートランドがアデン湾の標的にレーザー兵器システムのデモンストレーターを発射しました。, これは、東アフリカをアラビア半島から分離します。海軍の中東を拠点とする第5艦隊が使用するシステムは、イエメンのフーシ反乱軍が使用するドローンボートに対抗するために使用できます。

    米海軍は先月、イランに戻ったイエメンの反政府勢力が爆薬を詰めたドローンボートを使って船を脅かした中東の水路で浮かんでいる標的を破壊するためにレーザー兵器を発射したと発表した. このテストでは、USSポートランドがアデン湾の標的にレーザー兵器システムのデモンストレーターを発射しました。, これは、東アフリカとアラビア半島を隔てています。海軍の中東を拠点とする第5艦隊が使用するシステムは、イエメンのフーシ反乱軍が使用するドローンボートに対抗するために使用できます。

    従来のガスタービン推進システムの代わりに, DDG(バツ) ズムウォルト級ステルス誘導ミサイル駆逐艦に見られるような統合電力システムを使用します.

    海軍の計画担当者は、新しい船に 50 パーセント広い範囲, 120 駅での時間がパーセント増加, そして 25 現在の米国と比較した燃料燃焼のパーセント削減. 海軍駆逐艦.

    DDG(バツ) 最終的には、少なくとも2060年代まで運用が計画されているFlight III ArleighBurkesに取って代わります。 – しかし、進化し続ける脅威と戦うには、新世代の軍艦が必要です, コネリーは言った.

    彼女は付け加えた: 「DDGを理解するために(バツ) そしてそれの必要性, あなたは本当に全体として大きな水上戦闘員について話す必要があります.

    「フライトIIIは、 [2060s]. そう, 脅威は進化し続けるだろう. そして、そこに新しい脅威があります.

    「私たち海軍側は、脅威を阻止するために戦闘やその他の能力を進化させ続けます. そして、それらの新しいテクノロジーに対応できるプラットフォームが必要になります。’

    船は敵対的な誘導ミサイルを撃墜できる600キロワットのレーザーを搭載することを望んでいます.

    その間, SPY-6検索レーダーが付属します, これは、14フィートのアパーチャから18フィートのアパーチャに拡張して、検索機能を向上させることができます。.

    しかし、それは武器だけではありません. DDG(バツ) 旅行できるようになります 50 さらにパーセントを使用します 25 前任者よりも燃料がパーセント少ない, DDG-51.

    北極圏を移動するのにも優れています, これは国防総省のレーダーに数年前からあります – 特にロシアがこの地域にいくつかの軍事基地を建設したので, そこで多数のパトロールと訓練を実施しました.

    コネリー追加: 「FlightIIIをアップグレードしたとき、そのプラットフォームですべての耐用年数を使用しました. すべてのスペース, 重量とパワーはすべて割り当てられています. There is not enough room on that ship to put a new combat capability that takes more power or a larger footprint within the ship.

    「最初の船は、新しい船体形状と新しい統合電力システムに焦点を当てます. We will use the proven combat system from the Flight III ship so we are designing the ship with the flexibility and the margins to accommodate the future of the Navy and the needs for where we’re going.

    Recently released photos from North Korea show what the reclusive state claimed was a hypersonic missile blasting off from a wheeled launch vehicle in a cloud of flame and smoke

    Recently released photos from North Korea show what the reclusive state claimed was a hypersonic missile blasting off from a wheeled launch vehicle in a cloud of flame and smoke

    A Long March 2C carrier rocket has been used by China to test hypersonic weapons, the Pentagon has confirmed

    A Long March 2C carrier rocket has been used by China to test hypersonic weapons, the Pentagon has confirmed

    The United States and China are engaged in an arms race to develop the most lethal hypersonic weapons, 我ら. Air Force Secretary Frank Kendall (左) told Reuters late last year

    The United States and China are engaged in an arms race to develop the most lethal hypersonic weapons, 我ら. Air Force Secretary Frank Kendall (左) told Reuters late last year

    DDG(バツ) program evolved out of the Navy’s Large Surface Combatant (LSC) program of the 2000s, and the DDG(バツ) program office was formed in June 2021.

    Because the functions and capabilities of destroyers and cruisers increasingly overlapped since the 1980s, the Navy is now moving to refer to these categories collectively as large surface combatants.

    The Navy wants to procure the first DDG(バツ) に 2028, though the date for procuring the first ship has changed before and could change again.

    Procurement of Arleigh-Burkes—the type of LSC currently being procured by the Navy—would end at about the same time that DDG(バツ) procurement would begin.

    In inflation-adjusted 2019 dollars, the Navy wants the first DDG(バツ) to have a procurement cost of $3.5 billion to $4.0 十億, and for the 10th ship in the class to have a procurement cost of $2.1 billion to $2.5 十億.

    The Navy’s proposed 2022 budget requests $121.8 million in research and development funding for the program.

    It comes after the U.S. Air Force secretary admitted in November last year that the US and China were engaged in arms race to develop the most lethal hypersonic weapons.

    ‘There is an arms race, not necessarily for increased numbers, but for increased quality,’ Air Force Secretary Frank Kendall told Reuters during an interview in his Pentagon offices.

    ‘It’s an arms race that has been going on for quite some time. The Chinese have been at it very aggressively.

    10月中, the top U.S. military officer, General Mark Milley, confirmed a Chinese hypersonic weapons test that military experts say appears to show Beijing’s pursuit of an Earth-orbiting system designed to evade American missile defenses.

    Space Force Lieutenant General Chance Saltzman later said that China’s new hypersonic weapon system might be able to stay in space for an extended amount of time, according to The Drive.

    ‘I think the words that we use are important, so that we understand exactly what we’re talking about here,’ Saltzman explained. ‘I hear things like hypersonic missile, and I hear suborbital sometimes.

    The hypersonic glide vehicle is seen during a military parade to celebrate the 70th anniversary of the founding of the People's Republic of China in 2019

    The hypersonic glide vehicle is seen during a military parade to celebrate the 70th anniversary of the founding of the People’s Republic of China in 2019








    ‘This is a categorically different system, because a fractional orbit is different than suborbital.

    ‘A fractional orbit means it can stay on orbit as long as the user determines and then it de-orbits it as a part of the flight path.

    Last year the Pentagon held several hypersonic weapons tests with mixed success.

    10月中, the Navy successfully tested a booster rocket motor that would be used to power a launch vehicle carrying a hypersonic weapon aloft.

    Kendall noted that while the U.S. military has focused funds on Iraq and Afghanistan, it has taken its eye off the ball in terms of hypersonic weapons.

    ‘This isn’t saying we’ve done nothing, but we haven’t done enough,’ 彼は言った.

    As the Pentagon enters the 2023 annual budget cycle, Kendall hopes to raise funds with the retirement of older and expensive-to-maintain systems in favor of new systems, including hypersonic development programs.

    Russia and China are attacking US satellites ‘every single daywith lasers, radio jammers and cyber attacks in a shadow space war, Space Force commander claims

    American satellites far outside the Earth’s orbit are facing a near-constant barrage of threats from Russian and Chinese technology, and it’s only getting worse, a top Space Force officer is warning.

    An arms race in space between the US, ロシア そして 中国 has been steadily heating up in recent years even as officials in Washington warn that such a build-up is dangerous.

    ‘The threats are really growing and expanding every single day. And it’s really an evolution of activity that’s been happening for a long time,’ General David Thompson told the ワシントンポスト in a piece published on Tuesday.

    Thompson is the US Space Force’s first vice chief of space operations, having previously served more than three decades in the Air Force.

    He warned, ‘We’re really at a point now where there’s a whole host of ways that our space systems can be threatened.

    Some of the regular attacks facing the US include the use of lasers, radio frequency jamming and other cyberattacks, Thompson said.

    He also revealed that a 2019 weapons test by a Russian satellite came so close to a US satellite that the military feared an imminent attack.

    The general assured that when it comes to outer space technology, ‘We are still the best in the world, clearly in terms of capability.

    However he said China was ‘catching up quickly,’ 追加する: ‘We should be concerned by the end of this decade if we don’t adapt.

    Thompson said China is sending up new satellites twice as fast as the US is managing to, and that the budding superpower is working on a system of global satellites aimed at surveilling any part of the world.

    ‘They’re fielding operational systems at an incredible rate,’ 彼は言った.








    The debris field created by the Russian anti-satellite test against Cosmos 1408 in LEO (low Earth orbit) causing alarm to the ISS crew, satellite operators, and spacefaring nations.

    The debris field created by the Russian anti-satellite test against Cosmos 1408 in LEO (low Earth orbit) causing alarm to the ISS crew, satellite operators, and spacefaring nations.

    Russia blew up one of its own satellites on Monday, 11月 15, using a missile. Cosmos 1408, a defunct spy satellite launched in 1982, was the destroyed target, which resulted in a field of 1,500 pieces of debris endangering the crew of the ISS

    Russia blew up one of its own satellites on Monday, 11月 15, using a missile. Cosmos 1408, a defunct spy satellite launched in 1982, was the destroyed target, which resulted in a field of 1,500 pieces of debris endangering the crew of the ISS

    For years China has reportedly been working on a satellite that could physically attack another object in space with a robotic arm or grappling hook.

    In theory it could disrupt or even disable US satellites which revealed information about China’s nuclear operations and the existence of Uyghur Muslim concentration camps.

    ‘The Chinese are actually well aheadof their Russian counterparts, Thompson claimed.

    Earlier this month Russia carried out an anti-satellite weapon test, alarming the global scientific community.

    Russia’s anti-satellite, or ASAT, launched on November 15, and purposefully shattered the country’s 4,410-pound Cosmos 1408 衛星, launched in 1982, because it was no longer operational.

    According to experts, the space debris from last week’s collision over the Atlantic Ocean – which included ‘some 1,500 pieces of trackable size– will cause havoc for spacecraft for years, if not decades.

    Because of the impact, astronauts on the International Space Station (ISS), orbiting 260 miles from Earth, were told to shelter for two hours to let the debris pass.

    One space firm slammed Russia for endangering the crew of the ISS, calling it an ‘irresponsible act that harms all spacefaring nations’.

    Thompson recalled one specific instance when Russia came dangerously close to attacking the United States in space.

    に 2019, a small Russian satellite was deployed so close to a ‘national security satellitebelonging to the US that the government was unsure if it was an attack.

    ‘It maneuvered close, it maneuvered dangerously, it maneuvered threateningly so that they were coming close enough that there was a concern of collision,’ Thompson explained.

    But the situation was diffused when the Russian satellite backed away, releasing a small target then shooting it in a weapons test.








    「明らかに, the Russians were sending us a message,’ Thompson claimed.

    The Space Force general would not say whether Russia or China has done any permanent or significant damage to US equipment in space, explaining that such an attack would be classified.

    But just today, NASA was forced to postpone a spacewalk outside the International Space Station (ISS) today after receiving a ‘debris notificationfor the orbital outpost.

    Astronauts Thomas Marshburn and Kayla Barron were set to venture outside the giant orbiting laboratory at 7:10am ET for six and a half hours to replace a faulty radio communications antenna.

    ‘NASA received a debris notification for the space station,’ the space agency tweeted.

    ‘Due to the lack of opportunity to properly assess the risk it could pose to the astronauts, teams have decided to delay the Nov. 30 spacewalk until more information is available.

    It is not clear if the debris stems from the event two weeks ago, when Russia blew up one of its own decommissioned satellites.

    広告

    コメントは締め切りました.