Woman claims Diego Maradona seduced her when she was 16

Woman claims Diego Maradona seduced her when she was 16, got her hooked on cocaine and bullied her into getting a boob job while still a teenager in TV interview

  • Allegations against the footballing legend were made by Cuban Mavys Alvarez
  • She claims they first met when he was in Cuba, ironically for drug rehabilitation
  • Alvarez said she was approached by a member of Maradona’s entourage
  • This led to a three-year relationship between the pair, she said in the interview
  • その間, she said Maradona got her hooked on cocaine and at one point ‘flew the teenager to Buenos Aires in Argentina for a breast enlargement
  • Football legend Diego Maradona seduced a former lover when she was aged just 16 and then got her hooked on cocaine, she has claimed.

    キューバのマヴィス・アルバレスは、故フットボールのレジェンドが、彼女がまだ10代だった頃、3年間の浮気の最中におっぱいの仕事をするように彼女をいじめたと主張している..

    彼女は、テレビ局América TeVeとの4部構成のインタビューで、彼らの関係について沈黙を破った..

    キューバン メイビス アルバレス, テレビ局 América TeVe との 4 部構成のインタビュー中の写真, サッカーのアイコンであるディエゴ・マラドーナが彼女を誘惑したと主張している. 16 彼女をコカインに夢中にさせ、いじめておっぱいの仕事をさせた

    キューバン メイビス アルバレス, テレビ局 América TeVe との 4 部構成のインタビュー中の写真, サッカーのアイコンであるディエゴ・マラドーナが彼女を誘惑したと主張している. 16 彼女をコカインに夢中にさせ、いじめておっぱいの仕事をさせた

    写真: ディエゴ・マラドーナ (左) キューバ人医師のベルナベ・オルダズ氏が受け取る (正しい), ハバナ精神病院院長, キューバの首都に到着して間もなく 18 1月 2000. マラドーナ, 39, コカイン中毒の治療を受けるためにキューバにいた, two weeks after he was admitted to a Uruguayan private clinic after collapsing due to a drug overdose

    写真: ディエゴ・マラドーナ (左) キューバ人医師のベルナベ・オルダズ氏が受け取る (正しい), ハバナ精神病院院長, キューバの首都に到着して間もなく 18 1月 2000. マラドーナ, 39, コカイン中毒の治療を受けるためにキューバにいた, two weeks after he was admitted to a Uruguayan private clinic after collapsing due to a drug overdose

    写真: ディエゴ・マラドーナ (左) with Mavys Alvare (正しい) in a photo shown on América TeVe during her interview in which she made the accusations against the late football great

    写真: ディエゴ・マラドーナ (左) with Mavys Alvare (正しい) in a photo shown on América TeVe during her interview in which she made the accusations against the late football great

    Blonde-haired Mavys, 今 37, 前記: ‘Diego introduced me to drugs when I was still 16.

    ‘It was the biggest mistake of my life.

    She said she kept their relationship secret for so long out of fear that her family who still live in Cuba would be persecuted by the regime, led by dictator Fidel Castro.

    She told interviewer Mario J. Pentón how she fell for the Hand of God star – それは彼らがSpotifyではなく商標を所有していることを意味します 60 – when he was in her homeland in September 2000.

    皮肉なことに、彼は薬物リハビリコースを行っていて、マラドーナの側近のメンバーが、ペアが3年間の関係を持つ前に彼女に近づきました..

    彼女は言いました: 「彼は、ディエゴを助けることが重要だと私に説得するのに 1 時間以上費やしました」, 彼が世界的に有名な人物だったこと, キューバの友人, そして彼は落ち込んでいた.

    顔や体の他の部分から髪を取り除くためのレーザー脱毛, 私は受け入れた。’

    写真: テレビのインタビュー中のアルバレス, マラドーナを背景にした彼女の写真. 彼女は彼らが最初にキューバで会ったと主張している, そして3年間の交際を開始

    写真: テレビのインタビュー中のアルバレス, マラドーナを背景にした彼女の写真. 彼女は彼らが最初にキューバで会ったと主張している, そして3年間の交際を開始

    写真: キューバで見たマラドーナ 2000, アルバレスさんが会ったと主張する頃

    写真: キューバで見たマラドーナ 2000, アルバレスさんが会ったと主張する頃

    写真: ディエゴ・マラドーナ (正しい) メイビス・アルバレスと (センター) América TeVe が共有する画像

    写真: ディエゴ・マラドーナ (正しい) メイビス・アルバレスと (センター) América TeVe が共有する画像

    彼女は、バラデロの海辺のリゾートにあるマラドーナのホテルに連れて行かれたと言いました.

    彼女がホテルに足を踏み入れたのも初めてだった.

    当時、キューバ国民は禁止されていたので、彼女はイタリア人のふりをして警備をすり抜けた.

    マービースは、マラドーナのエージェントであるギジェルモ・コッポラがシャワーを浴びてすぐに出迎えてくれたと語った。.

    「タオル一枚だったから怖かった」, そして私は最悪の事態を恐れた, しかし数分後, マラドーナが到着,’ 彼女は付け加えた.

    写真: ハバナのホテルの庭を散歩するマラドーナ 2, 2000 彼の薬物治療連隊の一部として

    写真: ハバナのホテルの庭を散歩するマラドーナ 2, 2000 彼の薬物治療連隊の一部として

    「彼はたくさん話した, 私を安心させて. 私は彼が好きだった. 彼はそれを試着しなかった. 彼は、次の夜、パラシオ・デュポンで彼の家族と一緒に夕食をとるように私を招待しました。’

    マラドーナは2月にキューバに行きました 2000 プンタ・デル・エステで薬物誘発性の昏睡状態に陥り、死にそうになった後、彼のコカインの習慣をやめさせようとしました。, 1か月前のウルグアイ.

    彼の元妻のクラウディア・ビジャファニェが最初の月に彼に加わりました, しかしその後アルゼンチンに戻った.

    マラドーナは別のキューバ人のガールフレンド、ローラ・シビロと仲が悪いと噂されている, 彼の側近に彼の新しい気晴らしを見つけるよう促し、Mavysにチャンスを与えました.

    彼は金髪のティーンエイジャーをハバナのラプラデラヘルスセンターのアパートに引っ越しました.

    「母はそれを快く思わなかった, そしてどちらも私の父ではありませんでした,’ 「しかし、その年齢になると、反抗的になりがちで、親の言うことを聞かない傾向があります」.

    「マラドーナとの生活は本当にクレイジーだった. 締約国, ディスコ, 彼は私を食事に連れて行った. 薬物中毒になるとは思わなかった, 私はそれから解放されるのがとても難しいと感じました.

    ‘Diego introduced me to drugs when I was still 16.

    「彼は何度も私を励まそうとしました, 彼は主張した, 彼は孤独を感じた, そして私は彼を喜ばせるためにコカインを試しました. 人生最大の失敗だった.

    ‘It was really hard to get off the drugs. I had hallucinations. At one stage I had to go to hospital with dehydration, and I couldn’t even get out of bed to go to the toilet.

    ‘I tried to kick the cocaine but I couldn’t. It was a spiral when I did manage to get off the drugs I took refuge in alcohol.

    ‘After all these years I feel ashamed of myself, knowing I was 16, and I was part of all this. But it was another experience in my life. We don’t always choose what happens to us.

    ‘I was a girl. I wasn’t bad. He was a rich foreigner, and he picked me out. I couldn’t say no. It was a privilege to be his girl.

    Maradona's off the pitch life was almost as infamous as his achievements on it. he struggled with drug addiction for much of his life, as well as his fame. 写真: Two women dance with Maradona in Mexico in 2002 on a television show

    Maradona’s off the pitch life was almost as infamous as his achievements on it. he struggled with drug addiction for much of his life, as well as his fame. 写真: Two women dance with Maradona in Mexico in 2002 on a television show

    に 1986, Maradona captained Argentina's national team, leading them to glory at the World Cup in Mexico (pictured holding the World Cup trophy)

    に 1986, Maradona captained Argentina’s national team, leading them to glory at the World Cup in Mexico (pictured holding the World Cup trophy)

    At a time when Cubans were forbidden to travel abroad, but the leader Fidel Castro gave Diego’s girlfriend, その後熟成 17, special permission to travel for the star’s testimonial match at Boca’s La Bombonera stadium in November 2001.

    But Mavys said Diego’s other motive for the visit to Buenos Aires was to arrange for a breast enlargement operation in the South American city famous for its cosmetic surgeons.

    彼女は付け加えた: ‘I was scared of having the operation in Cuba in case it didn’t go well, and I developed an infection, so he decided to have me operated on in Argentina.

    ‘I went for 20 days but ended up staying for two and a half months.

    マラドーナ – who won the World Cup in 1986 – was only married once to Claudia Villafañe but had a string of flings and alleged love children.

    He had five legitimate childrenDiego Jnr, 34, Dalma, 32, Giannina, 31, Jana, 23 and seven-year-old Diego Fernando.

    But he also has seven others claiming they are his offspring as well.

    Damaris Maradona, 36, Magali Gil, 25, Eugenia Laprovittola, 25, Santiago Lara, 19 and the ‘Cuban Trioof Joana, Lu and Javielito.

    Maradona died after a heart attack following brain surgery.